花筐館<秋桜の間>

 
  オランダ王家 Netherland
  オランダの公用語はオランダ語。
初代ヴィレム1世はウィーン会議によりオランダ国王として即位。
もともと現在のベネルクス全域を支配していたが、ヴィレム1世の時代にベルギーが独立し、ヴィルヘルミナ女王の即位と同時にルクセンブルクが分離している。
生前譲位が認められており、初代ヴィレム1世のほか、4〜6代の女王は皆譲位している。
  系譜詳細
   
初代 ヴィレム1世フレデリク(1772-1843)(在位:1815-1840)
妃 ヴィルヘルミナ(プロイセン王女)(1774-1837) 第一王子 ヴィレム(1792-1849) ヴィレム2世
男児死産(1795)  
第二王子 フレデリク(1797-1881) 王位継承権放棄
第一王女 パウリーネ(1800-1806) 夭折
死産(1806)  
第二王女 マリアンネ(1810-1883) プロイセン王子妃
妃 ヘンリカ(1792-1864)    
2代 ヴィレム2世(1792-1849)(在位:1840-1849)
妃 アンナ(ロシア皇女)(1795-1865) 第一王子 ヴィレム(1817-1890) ヴィレム3世
第二王子 アレクサンデル(1818-1848)  
第三王子 ヘンドリク(1820-1879) ルクセンブルク総督
第四王子 エルンスト(1822) 夭折
第一王女 ソフィー(1824-1897) ザクセン=ヴァイマール大公妃
3代 ヴィレム3世(1817-1890)(在位:1849-1890)
妃 ソフィー(ヴュルテンベルク王女)(1818-1877) 第一王子 ヴィレム(1840-1879) 王太子
第二王子 マウリッツ(1843-1850) 夭折
第三王子 アレクサンデル(1851-1884) 王太子
妃 エンマ(ヴァルデック侯女)(1858-1934) 第一王女 ヴィルヘルミナ(1880-1962) ヴィルヘルミナ女王
4代 ヴィルヘルミナ女王(1880-1962)(在位:1890-1948)
王配 ヘンドリク(メクレンブルク=シュヴェリーン公子)(1876-1934) 流産(1901)  
男児死産(1902)  
流産(1906)  
第一王女 ユリアナ(1909-2004) ユリアナ女王
流産(1912)  
流産(1912)  
5代 ユリアナ女王(1909-2004)(在位:1948-1980)
王配 ベルンハルト(リッペ=ビーステルフェルト公)(1911-2004) 第一王女 ベアトリクス(1938-) ベアトリクス女王
第二王女 イレーネ(1939-) 王位継承権放棄
第三王女 マルグリート(1943-)  
第四王女 クリスティーナ(1947-) 王位継承権放棄
6代 ベアトリクス女王(1938-)(在位:1980-2013)
王配 クラウス・フォン・アンスベルク(1926-2002) 第一王子 ヴィレム=アレクサンダー(1967-) 現国王
第二王子 フリーゾ(1968-2013) 王位継承権放棄
第三王子 コンスタンティン(1969-)  
7代 ヴィレム=アレクサンダー(1967-)(在位:2013-)
妃 マキシマ・ゾレギエッタ(1971-) 第一王女 カタリナ=アマリア(2003-)  
第二王女 アレクシア(2005-)  
第三王女 アリアーネ(2007-)  

 

葵の間 桔梗の間 秋桜の間 百合の間 私書箱
日本史(系図)・古典等 フィギュアスケート等 世界史(系図) リンク 何かありましたらはこちらまで